トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
mase mase
2013.11.16 (土) Category:Design

セガナTwitterで事あるごとに
3Dプリンタがどうしたこうしたとつぶやいている私ですが
一度も体験したことがないのです。

そこで行ってまいりました。「FabCafe」。
こちらは3Dプリンタやレザーカッターを気軽に楽しめるカフェなのです。

場所は渋谷道玄坂。

ウッド調の店内はほぼ満席。
お客さんは20代が多い感じです。

コーヒーを注文しながら
さっそく店員さんに
3Dプリンタを体験しにきた旨をつたえたところ
ただいま3〜4時間待ちだとのこと。 ひゃ〜〜っ!

コーヒーをすすりつ
今回はあきらめようかなぁションボリしておりましたら
店員さんがやってきて
「今、ちょうど機械があいているので簡単な作品ならつくれますよ」
と優しく声をかけてくれました。ありがたいです。

それでは、ぜひぜひお願いしますということになり
これからは、私の3Dプリンタ初体験レポートとなります。

まず、ipadを渡されまして
「こちらに好きな絵を描いてください。一筆描きで描けるものなら大丈夫。」とのこと。

 

 

こちらではCubifyというソフトを使用しています。
何を描こう。。。悩みます。。。

 

 

描けました。

 

 

こちらが今回試用するプリンタ「CubeX」。
サイズは30cm角ほどで、お値段は16万円ほどするそうです。

インクは白かピンクが選べるとのことでピンクを選択。
さっそく、印刷開始。

 

 

ニュルニュルとピンクの物体がしぼりだされてきました。
素材は「PLA」といってプラモデルなどにも使用されているのだそうです。

 

 

ニュルニュル、ニュルニュルとでてきます。
そして待つこと20分。

 

 

大成功!!!

こ、これは。。。  私はいったい何をつくったのでしょうか。
クッキーの型抜き?

 

こちらはお店に置いてあったサンプルです。
予約が必要だそうですが自分のフィギュアもつくれるそうです。

アイデアしだいでオリジナルアクセサリーとかもつくれそうです。
今度は計画的に作品づくりにチャレンジしようと思います。

ツボ度
枠
pagetop