トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト

こんにちは。ADの下村です。
2014年が始まり、ひと月になりますね。
今回の年末年始のお休みは、例年より長かったにも関わらず、
やっぱり例年通りにあっという間に過ぎ去るものですね。

さて、年末にわが家ではお正月用に幾ばくかのおせち料理を仕込むのが恒例行事なのですが、
「なます」担当となった私は、年の瀬も迫った30日、
「なます」を作るなら千切りのできるスライサーがあるとラクだな、と
急遽思い立って近くのスーパーへ買いに行ったのです。

が…!
考えることは皆同じなようで、見事にスライサーは在庫切れ。
諦めきれず、他のスーパーやデパートをはしごするも、惨敗。
すごすごと地道に人参と大根の千切りに励んだのでした。

そして後日、いずれにしてもスライサーはあると時短になるし便利だな、と
Amazonで手ごろなものを探していたときに偶然目にしたのが、、、

『スピード サラダおろし』つき 1日分の野菜がラクラクレシピ
~今、いちばん売れてる! キッチングッズ!~
http://www.amazon.co.jp/dp/4072920088

これは、、、本?
数年前からスチーマーやおかし型など、
軽くて扱いやすいシリコン製の調理器具がレシピ本にくっついて
売られているのを目にしたことはありましたが、
今や“おろし金”まで!
…もはや本ではない!

今まで全く興味がなかったこの「調理用具付きレシピ本」というジャンルでしたが、
一人暮らしの気ままなクッキングライフを満喫している今、
これこそ私の求めているものじゃなかろうか、と
さっそく近所の書店に偵察に行ってきました。

さて、書店に着くと、あるある、
この手の「どっちがメイン?」とツッコミたくなる
ブランド&キャラクターのムック本が平積み!


最近は女性誌・男性誌の付録も豪華で驚きますが、
あくまでもあちらは雑誌がメイン。
これらは言わずもがな、付いてる商品こそがメインです。


わが家の近所の書店は、
これら商品付きムック本が入り口付近にまとめられていて、
小学生から大学生といった若いコたちが群がり店頭に華を添えていました。
書店にとってはうまい集客術ですね。

それにしても、今や健康グッズ、美容グッズも、
ムック本としてこんなに書店に並んでいるんですね~!
占いコーナーには金ピカの財布のムックまで売ってましたよ。


ここの書店、若いファミリー層の多い住宅地ならではのレイアウトなんですが、
レジ前の一等地には料理本コーナーがあり、
休日には20〜40代の奥さま方でにぎわっております。

お目当ての「サラダおろし本」を探すと、あっさり発見。
これこれ。


お値段は1380円と、普通にレシピ本を購入するのと変わらない金額。
付いている商品はなんでもTVで紹介されて人気の『ののじ』とのこと。
Amazonでチェックすると、1209円で販売されていました。
これに、この商品を使って作れるという70種のレシピがついて、
この金額は断然おトクじゃないですか…!
(中のレシピはこんな感じ)

と、無事に目当てにものを確保し意気揚々たる私は、
店内の他の調理用具付きレシピ本も物色。
その中で気になった一部をご紹介すると…

『みそ汁をもっと美味しく! かんたんレシピ 便利な計量味噌マドラー付き』1365円
…あぁ、コレ話題になってたな。


『やせる3段ランチボックス付き 500kcalらくらくダイエット弁当』1260円
…ふうむ。“ダイエット”の文字に踊らされそうになるね。


『ひとり分のほっこり土鍋BOOK』1995円
…土鍋まで!!


実際大型だったり、壊れ物だったりする商品を、
どんな風に本に付けて販売しているのかと思いましたが、
(レジにて商品を渡しているのか?とか)
案外、書棚にちゃんと収まるように、そして他の本と並んでも違和感ないように
うまく格納&包装されてるんですね。感心。

いや~、そんなこんなですっかり気分もあがり、
柄にもなくこんなものも購入しちゃいました。

『Paris発、はじめてのキッシュ』1890円



いつになるか分かりませんが、オシャレな気分の昼下がりにでも作ろうかと思います。

以上、「調理用具付きレシピ本」“体験前”レポートでした!

ツボ度
枠
pagetop