トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
sawaguchi sawaguchi
2014.02.19 (水) Category:イベント

こんにちは。澤口です。

東京は2週続けて、まさかの大雪でしたね。

またまた、様々なところでアタフタでしたね。

積もった雪の上を歩くだけでも

普段意識しない、身体の軸やバランスを思い出させてくれました。

 

前例がないほどの大雪で

被害に遭われた皆様へお見舞いを申し上げるとともに、

今もなお、孤立状態の地域にいる方達が

一日も早く通常の生活に戻られることを願っています。

 

 —*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

 

さて、開催中のソチオリンピック2014も終盤になってきました。

15歳から40代まで、ただひとつの結果を目指し挑んでいる

日本選手たちの活躍が最後まで楽しみです。

 

冬季オリンピック…。

地元開催の経験がある私は、

まだ幼かったとはいえ強烈に刻み込まれた記憶が

呼び起こされるフレーズです。

 

1972年2月に開催された札幌オリンピックは

雪に埋もれて暮らす札幌市民にとって大イベントでした。

 

記念コインや記念切手発売に早朝から並び、

「虹と雪のバラード」は音楽授業のマスト曲となり

(当然、今でもソラで歌える♪)、

小学校に面した国道を天皇皇后両陛下が通られるとのことで

その際にきっと見ていただけるはずという理由で

先生・生徒総出でグラウンドに雪像を作ったり。

 

また自分たちの山と思っていた手稲山。

スキーを担ぎ歩いて登り、

スキー場でもリフトは使わずスキーを履いて歩いて登る。

帰りは林間コースをくだり

スキーで家の玄関までたどり着く。

1円もかけずにスキーを楽しめる手稲山が

スキー競技の会場になったことは誇らしく思ったものでした。

 

のちに、調子に乗って「女子大回転コース」を

滑ってみようと挑戦したことがありましたが、

あまりの難コースに小学生の技術では降りられず、

スキーを両手に歩いて下った思い出もやけに鮮明です。

 

そして札幌に地下鉄が通り、地下街ができたこと。

当時は何も思いませんでしたが、

地方都市の進化としてはとても大きなことだったと思います。

 

我が家の観戦事情は

オリンピック運営に携わっていた身内がいたおかげで、

入手困難なチケットもけっこう融通され、

アイスホッケー,バイアスロン,フィギュアスケートの観戦を覚えています。

あと、前年に行われたプレオリンピックの開会式も。

 

日の丸飛行隊の笠谷さんは札幌オリンピックにおけるヒーローでしたが、

私にとっては女子フィギュアスケート・アメリカ代表の

「ジャネット・リン」さんが最も記憶に残るヒロインでした。

 

フリーの演技中、ジャンプを失敗して私の目の前で尻餅をついたこと。

失敗したのに弾ける笑顔で演技を続けたこと。

結果、銅メダルに輝きその笑顔はココロに深く刻まれました。

 

そのフィギュアスケート・女子シングルが

いよいよ今夜から始まります。楽しみです。ドキドキします。

 

オリンピックの各競技をテレビ観戦しながら感じることは

それぞれの選手がその日に向けて、

どこまで準備し、そしてできなかったのか。

 

身体に「軸」と「バランス」を叩き込むだけでなく、

ひたむきに前へ向かうメンタルの軸やバランスは

どのように鍛え困難を克服しているのか。

 

誰よりも早くゴールすること。

誰よりも遠くに飛ぶこと。

誰よりも高く評価されること。

 

シンプルだからこそ、誤魔化せない難しさ。

 

それを乗り越えチカラを出し切った、

彼ら,彼女たちの姿に心動かされるのは私だけでないと思います。

 

そして私たちの日々は、

ぶれない軸と絶妙なバランスで、

流れるような美しい3回転・4回転が成功しているのだろうか。

採点者の皆さんにインタビューする機会を持たなくてはですね。

 

ちなみに「スケルトン」という競技が実にクールです。

ボブスレーやリュージュと同じコースを使い、

20140216_015650

           この鉄板↑に腹ばいになり、

 

20140216_015657

頭から

20140216_015700

前を見る姿勢で滑りおりてくるんです。

 

最大140kmのスピードをこの体制で

コントロールしているところがスゴいです。

 

ボブスレーが氷上のF1なら、

スケルトンは氷上の弾丸でしょう。

 

今回の競技は先週終了してしまいましたので、

次回のオリンピックはさらに注目したいと思っています。

 

さあ今夜、というより明日の早朝、

ショートプログラム・浅田真央ちゃんの登場は午前4時頃です。

ライブで見られるよう、まずは自分自身への応援から・・・。

ツボ度
枠
pagetop