トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
sasano sasano
2014.04.13 (日) Category:その他

お久しぶりです。
デザイナーの笹野です。

突然ですが、皆さん絶叫マシンは得意ですか?
私は大の苦手です…
ノリノリで乗れるようにはなりたいのですが、なかなかこの恐怖心に勝つのは難しくて、
乗れないことも多々。
乗れないことでいろいろと気まずい思いとかした方も多いですよね?
でも乗れないんですもんしょうがないよ!って自分を弁護してみたりするけど、
でもやっぱり楽しんで乗れるようになりたーいってことで、
『絶叫マシン』『克服』でググって皆さんの知恵を拝借してみました!

 

一例↓

≫ジェットコースターの怖さを克服する

 してはいけないこと

●下を見ること
 ●怖い、苦手と思ったり、それらを発言すること
 ●目をつむること

この3つは絶対にしないでください。これは、普段怖くない人が怖く思わせるためのことなので。


では、どうすればよいのでしょうか

 1、超絶叫マシンにいきなり乗ることはやめてください。さすがに無理です。
できるだけ、友達や、仲の良い人と一緒に乗ってください。
2、
一番後ろには乗らない。できれば一番前にも乗らない。
後ろに乗ると、いつ落ちるかわからないためで、前に引っ張られる感が
大きいこともある。
3、
ジェットコースターがレールを上り始めたら、しばらくすると下に落ちるので、
「落ちるよ~落ちるよ~」などといい、脳に自覚させる。
恥ずかしいかもしれないが、大声で言う。
4、
ジェットコースターが最も高い位置に来ても怖がらない。
5、
落ちても怖いと思わず、「落ちてるよ~落ちてるよ~」などといって、
脳に状況を伝える。
6、
ジェットコースターを乗り終わったとき、怖かったとは思わないようにしてください。

(http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n92144 より)

 

……………………………………………………………………はい。
他にも、『だんだん絶叫マシンのレベルをあげる』『いい姿勢で乗る』『下調べをして落ちるポイントを知る』など
たくさん方法があるようなのですが、やっぱり魔法のように画期的な対処方法はないようです。残念…
ここで、有益な情報はなかったと一蹴することもできますが、情報を教えてくれた人について考えてみました。

調べてみて思ったのですが、そういうことを教えてくれてる人って
私たちと同じように絶叫マシンが苦手な人とか自己流に克服した人とかが、善意で書いてくれているんですね。
既に知っていたこととか、出来たら乗れてるよってことが書かれていても、改めて人から言われると自分が見落としていたことが結構あります。
ネット上のやり取りを過信しすぎるのもよくはありませんが、同じ境遇の人からのアドバイスには背中を押してもらえるような気がします。
世界の絶叫マシンの苦手な人たち、ありがとう!
この記事を読んだ絶叫マシン苦手なままの人たちも、この行楽シーズンにお試しあれ!

 

それにしても精神を鍛える系の克服方法は結構ありますが、
もはやそれって心理学とか精神論の話ですよね…
つまり逃げるなってことですよね…
恐怖心を乗り越えるまでの心の動きってどうなんですかね?答えのない疑問故に難しい問題ですよ!
私が乗り越えるまでにはどんだけのマシンと戦えばいいのですか?私に最適な方法は?
その前にトラウマとかになったりしないんですかってもうもう…

 

わからーんっ!!

ツボ度
枠
pagetop