トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
mase mase
2015.05.24 (日) Category:マイブーム

前回に続き石鹸ネタです。
今回は、実際に石鹸をつくってみました。

“石鹸は、苛性ソーダ(アルカリ)とオイル(ほぼ中性)を混ぜて
「けん化」という化学反応を起こしてつくられる”

とのことなのですが、この「苛性ソーダ」、劇薬に指定されており
肌に触れると火傷をしたときのように腫れてしまったり
1滴でも目にはいると失明のおそれがあるとのこと。
なんと恐ろしい。。。

でも、そこまで体を張る勇気のない小心者のわたくしでも
安全に石鹸づくりを楽しめる優れものがあるのです。

それは「石鹸素地」というもの。

01
東急ハンズ渋谷店で購入しました。
「釜焚きせっけん素地」 500g・500円(税抜)
こちらの商品、お湯と混ぜるだけで石鹸をつくることができるのです。

02
説明書きによると石鹸100gに対してお湯15ccが必要だそうです。
今回は石鹸200gつくることにしたのでお湯30ccを用意しました。

03
注ぎます。

04
こねます。

05
ひたすらこねて混ぜ合わせます。
なかなか力が必要です。

06
もう、疲れました。。。

07
袋から取り出すと、まだ混ざりきってないような。。。
気にせず次の工程へすすみます。

08
前回3Dプリンタでつくったうさぎさんの型。
やっと日の目を見ました。

09
次は。。。

10
渾身の作。クマちゃんです。

12
撮影を手伝ってくれたお友達は知らぬ間にギョウザを4つもつくっていました。
美味しそう!

15
風通しの良い場所で10日間、乾燥します。

13
完成!
手触りは市販の石鹸より固く、ちょっとロウソクっぽいです。

「石鹸素地」。けっこう楽しめました。
ハンズには他にも電子レンジでつくるタイプのものなど4、5種類おいてありました。
ご興味のある方はぜひ体験してみてください。

ツボ度
枠
pagetop