トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
mase mase
2015.10.17 (土) Category:LIFE

先日、引っ越しをしました。

昨今「相見積もりをとるとお得になるらしい」ということで
せっかくなので試してみることにしました。

「引っ越し見積もりサイト」にチャレンジしたところ
あまりに沢山の業者の数に何を基準に選べば良いのか頭が混乱。
結局、有名どころの2社に電話をして
同日、時間をずらしてお家に来て見積もっていただくことにしました。

先手はA社さん。のはずだったのですが遅刻するとの連絡があり
B社さんが先にいらっしゃることになりました。

時間通りに颯爽と現れたB社さんの営業マン。

年齢は20代中〜後半でしょうか。
成宮寛貴さんに似た好青年で
テキパキとした口調で引っ越し荷物を確認していきます。

見積もり書も
タブレットに入力、その場でプリントアウト
と、スマートです。

そして、気になるお値段は…「54,000円!」
過去の引っ越し費用に比べるとかなりお得です!

「どうですか、即決プライス! 50,000円でうちに決めませんか?!」
と、さらにたたみかける成宮さん。

即決プライス? はじめて聞きましたがパンチのある言葉です。
心は揺らぎましたが、この後A社さんとの約束がある旨お伝えしたところ

「了解です。A社さんはイイ仕事されますもんね。
A社さんとの見積もりが終わったら私に結果を教えてくれませんか?」
と、B社さんに半分、心をもっていかれた私を残し成宮さんは去っていきました。。

程なくして到着したA社さんの営業マン。

こちらは50代くらいでしょうか。古谷一行さんに似たダンディーなおじ様で
心地の良いゆったりとした低音ボイスで引っ越し荷物を確認していきます。

見積もり書の制作スタイルも渋く
電卓をたたきながら強めの筆圧でカーボンシートに数字を書き込んでいきます。

そして、はじき出されされた金額は…「86,000円!」
これは、B社さんに決定かな…と思っていた矢先に競合会社の金額をたずねる古谷さん。
正直にお伝えしたところ、またもや電卓をたたきだす古谷さん。

「後から来て高い金額を出しても意味がない。即決プライス!49,000円でいかがでしょう」!

でたっ! 即決プライス!
ちょっと心の余裕が出てきた私はダメもとで「48,000円!」と値切ってみたところ交渉成立。
その場で引っ越しの具体的な段取りも決めた後、
ベテランの貫禄に感服した私を残し古谷さんはお帰りになりました。

相見積もり、やってみるものですね。ずいぶん得をした気分です。
その後、成宮さんには断腸の思いでお断りの電話をして一件落着。

と、思いきや
翌日、成宮さんから留守電あり。
「その後、上司と相談した結果40,000円でお引き受けすることができます」
しかし、時すでに遅し。

古谷さんの即決プライス!に乗らなければ
さらにお得な展開が待っていようとは想像しておりませんでした。
ここまできているのですね。引っ越し業界の攻防戦。
もしかして古谷さんの遅刻もわざとなのではないか勘ぐってしまいます。

名付けて相見積返し?
この貴重な経験。次回の引っ越しで活かしたいと思います。

ツボ度
枠
pagetop