トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
kuroda kuroda
2016.03.22 (火) Category:その他

こんにちはデザイナーの黒田です。
通勤時はkoboで読書かInstagramを更新して
過ごしていた私ですが、
最近はキュレーションアプリを使うことが
多くなりました。

自分の欲しい情報をピンポイントに
集めることができるので普通に検索するより
効率がいいし、あらかじめ興味のある
ジャンルを登録しておけば次にアプリを
開いた時にはトップ画面に情報があつまっているので
さらに時短!

さっそく『メイク』と登録して集まった記事を
読んでいると…“モテメイク”の情報まで集まっちゃいました。
ちなみに私が狙っていたのは
『30代!できる女のオトナメイク♡』みたいなやつ…
なんですがまぁいいか笑

まずよくでてくるのが『おフェロ』という単語。
『おフェロ顔』とか『おフェロ女子』とか…
雑誌の見出しなんかに使われているのでなんとなーく
フェロモンがなんとかかんとか…なんだろうなくらいに思っていたのですが、正しくは
『おしゃれなのにフェロモンがある女性』のことをさすそうです。
フェロモンの丁寧語ではないのですね…笑

ちなみに…
『おフェロ顔』になるにはやはり『おフェロメイク』が必須。
血色がよくかわいいだけじゃなくセクシー!
そんなお顔がモテる!時代なんだそうです。
下記におフェロメイクのコツをまとめてみました。

1.たっぷり保湿のお肌
メイクの前に…触りたくなるようなしっとりとしたお肌は
おフェロ顔にかかせないベース。乾燥知らずの潤い肌を作っておくことが必要。
ベースメイクの後はTゾーンと涙袋の下、あご、
眉毛から目元にかけてハイライトを入れることでピュアな印象ができあがるそうです。

2.ほてりチーク
おフェロメイクの最大のポイントはこのほてりチーク!
練りチークをスポンジでポンポンと肌に馴染ませ
湯上がりのほてり肌を演出します。
ほてりチークをまぶたのすぐ下に入れる“二日酔いメイク”なんかも
流行っているそうでチークの位置は“やや高めがカワイイ”傾向にあるんですね。

3.ぽってりリップ
チークの続いておフェロメイクに欠かせないのがリップ。
ピンク系のリップを指先でぽんぽんとくちびるにのせ
色をつけたらグロスをたっぷりぬってぽってりと色気のある唇をつくります。

4.にじませアイメイク
アイメイクはくっきりはっきりよりもぼんやり優しく。
自然なカラーのオレンジやピンクシャドウを目元ににじませ
アイラインはリキッドよりペンシルタイプのものを使用。
めんぼうでアイラインをにじませ優しくナチュラルな雰囲気にします。

はい、これでおフェロ顔のできあがりです♡

女性の綺麗になりたいとか可愛くなりたい!モテたい!という
気持ちが流行を生み出すんですね。
“カワイイは作れる”時代を感じます。

おフェロには詳しくなかった黒田ですが、
今後もキュレーションアプリを活用して
女性の流行において行かれないようにしたいものです。
それではまた。

ツボ度
枠
pagetop