トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
sawaguchi sawaguchi
2013.03.20 (水) Category:アート

お久しぶりです。澤口です。

3.11から丸二年が経過し、
被災地の復興はおろか日本の中心東京も
景気への追い風はまだまだ冷たい2013年3月です。

最初に・・・。
私事ではありますが、
昨年暮れにポッキリ折れた足首は
景気の冷たい風をよそに
着々と快復の追い風に乗っております。
ご心配いただいた皆様、
ありがとうございました。

そして見知らぬ大勢の親切な方々にも
この場を借りて御礼申し上げます。

さて、話は戻り
被災地復興のために我々集合体として何ができるのか。

自らの事業に真摯に取り組み業績を上げる。
これ以外のことは思いつきません。

納税しかり、給与しかり、
業績を上げることがまず最初です。

もちろんすべての企業がそのことに必死なわけで、
どこで業績を上げるかを毎日毎日だれもが必死です。

どこで業績を上げるか・・・。

ここしばらくは女性たちがお金を使う
モノやコトに世の中の関心は向いているようですし、
私もそう感じていますので
関連する情報がどうしても目に耳にとまります。

そして何より、
当社は女性比率が多く
女性マーケットにはチカラが発揮できる
メンバーがそろっているのです!

近年趣味を楽しむ女性の呼称として
以下のワードを聞いたことがある方も多いと思います。

◎山ガール
ファッショナブルなアウトドア用衣料を身に着けて
山登りを楽しむ(若い)女性。


◎美ジョガー
お洒落なランニングウェアを着て、
美しくスタイリッシュに走る女性。


◎歴女
歴史好きあるいは歴史通の女性。

◎ホルモナーゼ
→ホルモン好きの女性。

などなど、様々な趣味に深く入り込む女性たちが
冷え込む日本の消費を牽引し、
市場停滞の突破口になると言われています。
(ホルモナーゼはちと意味が違うね^^;)

そして私が今回注目したのは
「カメラ女子」と呼ばれる、
ファッションの一部として
写真を撮ることを趣味にする女性たちです。

自分のデジカメの調子が悪く
そろそろ買い換え時かと調べていた折に
「カメラ女子」なるワードに接触したわけです。
おもに20代~30代が対象のようなので、
惜しくも私は対象から外れますが
興味を持ったので少しお話ししたいと思います。

本格的に時間もお金も趣味につぎ込むのは
男性に多いイメージを覆し、
いまやいかに女性の間でブーム化するか。

その中でもカメラ女子は今やカメラの世界を
席巻する勢いだと言います。

カメラ女子の背景にはメール,ブログ,SNSの普及で、
画像を通じて自己表現する場が増えたこと。

写真を趣味にする人たちは通常、
露出や構図にこだわり、ここぞの瞬間を狙いますが、
カメラ女子にはその定石がありません。

「おしゃれ」で「かわいく」を信条とし、
被写体も何気ない日常の些細なことを
ふんわりレトロ調にゆる~く、かわいく撮影し
公開することがコミュニケーションツールの
ひとつとなっているようです。

カメラ好きではない、写真がすき。

マニアックでオタクはおしゃれじゃない。

軽くておしゃれなミラーレス一眼を
かわいい雑貨とともに持ち歩き、
そこそこ高画質のかわいい写真を撮る女子に
ビジネスチャンスを見いだす企業の男性・女性たち。

我々もオンナたちのココロを震わせるデザインで
業績アップに繋げたいものです。

そして余裕ができたら被災地へでかけ、
経済活動に貢献できたら、と考えています。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
【参考資料】

ポパイカメラ(女性向けカメラ雑貨店サイト)
http://www.popeye.jp/index.html

女子カメ Watchサイト
http://www.watch.impress.co.jp/girlscamera/

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

追伸;
桜が開く前にカメラを新調したかったですが、
今年はなんともう開花してしまいました…。
久しぶりにフィルムの一眼レフを引っ張り出してみるかな?

ーおわりー

ツボ度
枠
pagetop