トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト

こんにちは、下村です。

現在六本木ヒルズ内、森アーツセンターギャラリーで開催中の
「ファイナルファンタジー 別れの物語展」へ行ってまいりました!

http://www.finalfantasy.jp/30th/exhibition/

1987年に第一作が発売されたFFことファイナルファンタジーシリーズが、
昨年12月に30周年を迎えた記念の大規模回顧展ということで、
FFの歴史を“別れ”をテーマにまとめた、体験型エキシビションになるとのこと。
…これは、、ぜひ行きたいぞ!!
ということで会期前より、六本木駅中で展開される広告に目を奪われる日々を過ごし、
スタートを待ちわびていたのでした。

そうして、1月の開催を迎えたものの、
FFへの思い入れがある知人が周囲にいなかったため、一人で参加。

所用のついでがあったため、日曜日のお昼過ぎと一番混雑しそうな時間帯になってしまい、
チケット購入から会場への入場までに30分ほどの待ち時間を有しましたが、
入ってからは自分のペースで比較的ゆっくりひとつひとつの展示を見られるようになっており、
FFの世界を改めて楽しむことができました。

さて、今回の展示、一般当日料金2,500円とお高めな値段設定ではありますが、
今回のために新しく開発された「音声ARシステム」を導入しており、
最初に来場者ひとりひとりにスマホとヘッドホンが手渡されます。
入場前にスマホの専用アプリを立ち上げ、名前を入れてチェックイン。
展示物の前に立つと、その展示とシンクロしたナレーションに、懐かしのBGM、
名シーンのキャラクターボイスなどが自動で再生されるようになっています。
あ〜、めちゃくちゃ懐かしい。泣きそう。

また、よりインタラクティブな参加型の展示があったり、
ゲーム内のシーンを再現した立体的な展示があったり、
ディズニーランドのアトラクションのような気合いの入りよう。
ネタバレになるため、詳細は書けませんが、
思い入れの強い往年のファンだけでなく、ライトユーザーにとっても
なかなか大満足な展示になっていたかと思います。

かくいう私も、PS3以降の最近のFFは未体験ではありますが、
今回の展示を観て、ライトニングさん以降のシリーズもやりたくなってしまいました。
(それどころか、過去のシリーズも反芻したい…)

会期が比較的短くて勿体ないですが、FFファンはぜひ!一見の価値ありです。

ツボ度
枠
pagetop