トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト

こんにちは。岩澤です。

僕のささやかな趣味の一つに、
『インスタグラムで公衆トイレの写真をアップする』というものがあります。(注:外観です)

今回はこの趣味についてお話ししようと思います。

 

きっかけは息子とのお出かけ

もともと、この趣味を始めるまで、公衆トイレには特に興味はありませんでした。

ただ当時インスタアカウントは持っていたものの、投稿はあまりしておらず、
他の多くのインスタグラマーのように“特定のテーマ”を持つことで
コンスタントに投稿できるのではと、選んだのがたまたま公衆トイレだったのです。

当時3歳の息子と公園に行くと大体あるのが公衆トイレだったのでなんとなく、
で撮り始めたのがきっかけでした。

 

コレクション感覚から愛着へ

最初に決めたのは「同じ場所のトイレは撮らない」というルールでした。

1棟1投稿という制限により、早々にネタ切れする未来もよぎりましたが、
いったい、普段の生活の中でどのくらいの数の公衆トイレに出会えるのだろう、
という興味もありました。

また、せっかくなのでインスタのフィルターも色々と使い、
トイレによって写真のテイストを変えるという試みも積極的に行いました。

そうしている内に不思議なもので、今では公衆トイレに対して、
特別な愛着を抱くようになってしまいました。(外観に、です)

 

気付けば100棟。そこで・・

そんなこんなでトイレを取り続けてはや4年がたち、
先日ふと撮りためた写真を数えてみると、なんと100棟を越えておりました。

 

ということで、記念に書籍化してみました。

 

こちら、いろいろ調べて「しまうまプリント」というサイトで注文しました。

(インスタブックの印刷、一時期流行っていたように思いますが、今調べると結構数が減ってしまったようですね・・)

注文から1週間程度で手元に届きましたが、自分の撮った写真が写真集になるというのは、自分でも意外なほどテンションの上がる体験でした。

同じ写真でも、タイムラインで見るのとページをめくって見るのとでは全然違って見えるのが面白いです。

48ページ・送料込みで900円強と、非常にお安く作れましたので、みなさんも機会がありましたら試してみてください!

 

<おまけ>

最後に、僕の撮った公衆トイレ写真から、個人的に思い入れの強いものをいくつか紹介して締めくくらせていただきます。

 

↑表紙に選んだ、近所の公園にあるレトロでカッコいいトイレ。
記念すべき1枚目の公衆トイレ写真です。

 

↑こちらも近所の十字路にある公衆トイレ。風景の一部に自然に佇む姿が好きです。

 

↑真夏の山梨にて。周りを囲む山並みと、綺麗に整備された広場のコントラスト。

 

↑新宿中央公園で遭遇。仮設トイレがずらーっと並んでおりました。

 

↑桜満開。日差しが爽やかでした。

 

ご覧いただき、ありがとうございました!

ツボ度
枠
pagetop