トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
asakawa asakawa
2020.08.17 (月) Category:文化

どうも!ADの浅川です。

まだまだ、遠い国への旅行は行けない時だからこそ、旅の話をひとつ。
ちょっと前になるのですが、
成田に住んでいる友だちに連れられて成田市の郊外の
「ワットパクナム日本別院」というところに行きました。

畑の中に突如現れるめちゃめちゃビビットなカラーの寺院で、
敷地に入ると、タイ語の案内しかないしタイ人と思われる人しかいない。
おおお、一気にタイの空気感。(タイ、行ったことありませんが。)




ここは名前の通り、タイのバンコクにある「ワットパクナム」というお寺の別院です。
廃校になった学校を利用し建てられ、1997年に5人の僧がこの寺に入りました。
フォトジェニックな本堂は2005年に完成したそうです。
現在は仏教の教えとタイの文化を広める活動の他、
在日タイ人の交流・憩いの場になっています。

この日はどうやらお祭りだったようで、
屋台が出ており、無料でタイの料理が振舞われていました。
そうとは知らず、お昼ご飯でお腹いっぱいの私たちですが、
「どうぞ食べてね!」と気さくに声をかけられて
ついついいただいちゃいました。
(お料理は無料ですが、募金しました。)


麺の太さもお好みで選べる具沢山のスープ。
室内で座って食べてたら、「これも食べてね」的な話をしながら持ってきてくれた
さつまいものフリッターみたいなの。(ココナツミルクが衣にはいってるらしい)
あら不思議、お腹いっぱいなのに美味しすぎて食べられてしまう。

みなさんにっこり、お坊さんもとても優しい。
お寺の装飾や庭園も素敵だったけど、
タイ人の方達に接することができて良かったな。

今は国内の旅行もままならない状況ではありますが、
車じゃないと行きにくい場所ではありますが、
千葉県の成田市で味わうタイ旅行気分。
ご興味がありましたらぜひいつか!!

ツボ度
枠
pagetop