トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
sasano sasano
2018.06.02 (土) Category:アート
お久しぶりです。笹野です。 そろそろ梅雨入りですね…近年はゲリラ豪雨になることも多いので、皆様足下の装備は万全にして挑みましょう! さて今回のテーマは、5月30日から六本木の国立新美術館で開催されている、 『ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか』です。 先日から通勤に利用している駅の構内に「ルーブルの顔」と書かれた広告が出現して、 なんかあんまり見たこと無い作品ば...
▼この記事を読む
こんにちは。向野です。 2回ほどブログの順番を忘れ、ようやくの投稿です。 先日、クレイジージャーニーという番組で、私の好きなヨシダナギさんという フリーのフォトグラファーが出ている回を見たのですが・・・ 改めて考えると、好きだなーと思ってるだけで、実はちゃんと彼女のことを 知らないことに気づきました。 2年くらい前に作品を知り、Instagramをフォローしつつ、展示会に行きた...
▼この記事を読む
初ブログです。向野です。 初めましてなので、何書こうかな?と考えた結果、大好きなアートアクアリウムについて。 少し前の話ですが、毎年恒例行事のアートアクアリウムに行ってきました。 2011年の日本橋開催から始まり、気づけば6年連続で通っているので、ここまでくると 「行かないと夏が終わらない」…半ば義務のようなものです。   今年の日本橋会場のテーマ「江戸・金魚の涼」、会...
▼この記事を読む
こんにちは。CDの岩澤です。 去る8月11日、弊社夏休みの初日だったのですが、美術館などへ足を運び他人の創作を堪能するような休日が昨今とんと縁遠くなった僕にしては珍しいことに、アートイベントと展覧会を2つはしごするという1日を過ごしたので、不慣れなレポをしてみようと思います。   山の日、渋谷にて きっかけは、どこかの駅で見たポスターだったと思います。 どこかで見たこと...
▼この記事を読む
sasano sasano
2017.04.16 (日) Category:その他
こんにちは! 最近の自分の休日の過ごし方を振り返ってみると、いろいろと積極的に行動してるなーと思ったので、 ちょっと振り返りがてら紹介してみたいと思います。 ■ 国立科学博物館「大英自然史博物館展」 3月18日〜6月11日まで http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2017/daiei/index.html 始祖鳥やモアの骨...
▼この記事を読む
sato sato
2017.04.09 (日) Category:アート
ご無沙汰しております。佐藤です。 憎き花粉症により、ここひと月ほど日中ずっとマスクをしているせいか、 マスクをしていない時にも関わらず、マスクをはずそうとする謎の現象が出てきて そろそろ辛くなってきた今日この頃です。 世間ではお花見が最盛期(?)を迎えていますが全然羨ましくなんかありません。 …さて今回は、東京・六本木にある国立新美術館で開催されている、 「草間彌生 わが永遠の魂」...
▼この記事を読む
と、ご挨拶しましたが、時期が合っているのか不安になり速攻で調べてほっとした佐藤です、こんにちは。 8月いっぱいまで大丈夫だそうです。ぎりぎりですね! …更新を怠ったせいで少し前のお話になってしまうのですが、 今回は「川越氷川神社 縁むすび風鈴」のお話を少しお贈りします。 今から約千五百年前に創建され、“縁結びの神様”として信仰を集める川越氷川神社にて、恋の願いが届くように、ひとときの涼...
▼この記事を読む
sato sato
2015.11.29 (日) Category:その他
初めまして。ブログの更新が遅れてしまい申し訳ありません。 9月末日に入社致しました、佐藤と申します。どうぞよろしくお願い致します。 今回は、山形県は鶴岡市に一人、旅行に出たお話を少し。拙い文章ですがお付き合い頂けたら幸いです。 山形県といえば、豊富な海の幸や山の幸に果実、米!米!豆!…と、素敵なものがたくさんあります。 東京からは新幹線と特急を乗り継いで4時間少々…決して短くはない距離...
▼この記事を読む
chiba chiba
2015.06.22 (月) Category:Design
久しぶりに同僚のお友達と21_21 DESIGN SIGHTの展示 「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」を観にいってきました。 企画展「単位展 — あれくらい それくらい どれくらい?」 おもしろい視点、色々な切り口で「単位」を体験することができる 楽しい展示でした!お勧めです~是非! と言いたいところですが、5月31日(日)が最終日ということで、...
▼この記事を読む
50~60年代、日本の広告業界、とりわけ広告表現に大きな影響力をあたえたアーチスト、二人についてお話しする。 ベルギーの画家「シュールレアリズム」のルネ・マグリットMagritte(1898〜1967年)とグラフィックと映像で時代をリードしたソウル・バス(1920〜1996年)。広告デザインや映像の世界に及ぼした影響力は計り知れない。 ベルギーの画家「ルネ・マグリット」の回顧展が東京六本木...
▼この記事を読む
枠
pagetop