トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
iwasawa iwasawa
2019.04.18 (木) Category:教育
こんにちは。岩澤です。 オフィスの移転も何とか無事に終えて、スタッフ一同、新しい気持ちで4月のスタートを切ったところですが、実は同時にプライベートでも一つ大きな変化が起きていまして、この春、うちの子どもが小学生になりました。 保育園から小学校に進学することで、家族を取り巻く状況が大きく変わりましたが、その中の一つが“放課後”という時間が生まれたことです。 うちは僕と妻が共働きの核...
▼この記事を読む
こんにちは! だんだんと春らしい陽気になってきましたね。 花粉症にはつらい時期ですけど、春に向かっていく時期は結構好きなのでわくわくします! この間テレビを見ていたら、「誰でもきれいな字を書けるようになるポイント」なる企画をやっていました。 社会人になってからはPCとかスマホとかで、字を書く機会が減っていたのですが、 最近、何かと署名したり書類を直筆で用意したりすることが多かったので...
▼この記事を読む
mukaino mukaino
2018.08.20 (月) Category:メディア
こんにちは。向野です。 毎日溶けそうなくらい暑いと思ったら一転涼しくなって驚きです。 さて今回は、お仕事で「目新しいデジタル技術」というお題のもと、 調べたアプリについて少し紹介します。 突然ですが、「just a line」てご存知ですか? googleがリリースしている空間落書きアプリです。 リリースしたのは今年の3月くらい(ややうろ覚え)で、私はWebニュースで ...
▼この記事を読む
みなさんご存知でしょうか。 ただいま渋谷ヒカリエで開催中の「ネコフェス」 「ねこのおうちシールラリー」キャンペーン。 SNSを利用しているのですが その内容が ねこのおうちカードを手に入れる ↓ 参加店舗を巡ってねこシールを集める ↓ カードに集めたねこシールを貼る ↓ SNSに「#ペコneko館」をつけて投稿 ↓ 特設カウンターにで投稿済みのSN...
▼この記事を読む
iwasawa iwasawa
2015.11.16 (月) Category:Design
デザイナー、あるいはデザイン会社が 果たすべき役割とはなんであろうか。 たとえばカタログ、 たとえばポスター、 たとえばロゴマーク。 最終的なアウトプットととして 目に見えるモノを納品することは、 確かに日々我々のしている主な業務ではある。 しかしデザイナーは、モノを完成させること、 それ自体を制作の目的にしてはいけない。 顧客や消費者が本当に欲しいものは カタログや...
▼この記事を読む
販促デザインの役割において、 コピーの重要性は写真などのビジュアルと同等か、 時にそれ以上になります。 「言葉と絵」はコミュニケーションの最も根本的な要素ですから、 これは当たり前のことではあるのですが、とりわけ 商材のシズルを分かりやすく魅力的に訴求する キャッチコピーやキャッチフレーズは露出も注目も多いもので、 広告・販促の世界に限ってみても、 数々の“名コピー”と呼ばれる...
▼この記事を読む
okazaki okazaki
2015.04.14 (火) Category:健康
先日撮影でクライアントの工場へ伺い朝礼に参加したとき、 社員のみなさんと一緒にラジオ体操をしました。 いつぶりのラジオ体操(それも真面目に)だったか思い出せないですが、 ラジオ体操した後の気持ちよさにちょっと驚いてしまいました。 まちがいなく運動不足が原因なのですが、 体を動かすって大切なことだなと再認識しました。 デザイン制作はスタッフのパフォーマンスがとっても大切なので、 体...
▼この記事を読む
sasano sasano
2015.02.22 (日) Category:文化
昨年ロッテが発表した「ガム彼」をご存知でしょうか? ▼以下リンク▼ http://crazygum.tv/gumkare/ 私は朝の某めざまし情報番組で「ガム彼」を知ったのですが、 初めて見た時はロッテの本気さに笑いが止まらなかったのですが… なんか第二弾が出とる!? しかも記憶喪失設定だと…!!! どれだけ本気なのかロッテ! 久しぶりにリンクをのぞいたら、「ガム彼」は...
▼この記事を読む
年末には毎年恒例の「流行語大賞」や「今年の漢字」など その一年を総括するイベントが相次ぎ、年が明けてからは 「今年はこれがくる!」「今年のトレンド予測」といった特集が組まれるなど、 年末年始にかけて意識させられる「流行」という二文字。 最近の流行と言えば昨年からずっと好調な「妖怪ウォッチ」や 先日当ブログでも取り上げられた「YouTuber」が頭に浮かびます。 (一方、つい数日...
▼この記事を読む
枠
pagetop