トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
iwasawa iwasawa
2014.10.03 (金) Category:教育
NHK教育テレビ、現・Eテレ。 2年前に息子が生まれて以来、それ以前に比べて飛躍的に視聴する機会が増えたテレビチャンネルです。 僕自身、小学生の頃の、風邪で学校を休んだ日などに朦朧とした状態で見ていた思い出こそいくつもあるものの、それから息子が生まれるまでの数十年、ほぼ関心を持つこと無く生きてきました。 その間にNHKの方針や番組の毛色も時代とともに変革を続けており、折々で「ピタゴラ...
▼この記事を読む
この1年間、新聞全面広告の考察、色とカタチ。 この一年間、新聞全面広告表現に気になる現象があり、全面青色広告、 青色トーン広告、グリーン広告である。 ヘッドコピー、ボディコピーを同色にする手法は特別ではない。雑誌広告、 エディトリアルではよくやる手法だ。 が、これほど異なる広告主、異なる広告会社でこの表現手法が、新聞全面 広告が展開されている事実を見ると、一種のトレンド...
▼この記事を読む
iwasawa iwasawa
2014.04.20 (日) Category:Book
「物語シリーズ」というシリーズ小説があります。   西尾維新という作家さんの作品で、2005年から始まった小説です。 ジャンルとしては“ライトノベル”と言われるもので、まぁこのライトノベルという定義も実際かなり曖昧な分けですが、   A)いわゆる“萌え(≒萌絵)”を推している  B)書店のライトノベルコーナーにある   僕なりには、このいずれかを充たしたものがそうなのだと解釈しており...
▼この記事を読む
こんにちは、WEBデザイナーの千葉です。 最近本を読むときは、kindleで読むことが多くなりました。 読んでみたい本があるときは、まずkindle化されていないかチェックし、 何となく暇つぶしで読みたいときは、kindleストアで評価が高い本を選んで読んでみたりしています。 そうするとどうしてもビジネス・啓蒙系に偏ってしまうのですが。。 『ゼロ〜なにもない自分に小さなイチを足してい...
▼この記事を読む
sawaguchi sawaguchi
2013.10.26 (土) Category:イベント
「ワインと言えばフランス」という日本マーケットに対し、 イタリアワインの輸入促進を目的としたイベントのタイトルです。 イタリアの公的機関が主体となり、 2011年に第1回目,2012年第2回目と開催されたPRイベントですが、 2013年第3回の開催にあたり 当社が関与する機会を得ることができました。 今年25年振りに刷新され、発表された 「イタリアワインを象徴するビジュアル」...
▼この記事を読む
こんにちは。 ADの下村です。 今回は、私が青春に熱く燃えていた、 中・高校生時代の話を、なぜか唐突にしたいと思います。 その当時、私にはすごく好きな日本のバンドがいまして。 四六時中、彼らのことばかり考えていて、 その動向を見逃さないために、できる努力を惜しまず、 常にアンテナをはり巡らせていた甘酸っぱ~い時代がありました。 現在、情報と言えば迷わずネットで探すご時勢...
▼この記事を読む
sasano sasano
2013.01.27 (日) Category:メディア
はじめまして。 昨年よりセガナで働かせていただいております、 デザイナーの笹野です。 どうぞよろしくお願いいたします! さて、さっそくですが 皆さん"くまモン"はご存じでしょうか? くまモンは、2011年3月の九州新幹線全線開業をきっかけに生まれたゆるキャラで、 今では熊本県を代表するキャラクターとして、熊本県知事より熊本県の営業部長を務める働き者です。 このくまモンをはじめ、...
▼この記事を読む
chiba chiba
2013.01.07 (月) Category:Web
皆様あけましておめでとうございます。 デザイナーの千葉です。   本年もどうぞよろしくお願いいたします!   ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆   始業は7日からと、長めのお休みをいた...
▼この記事を読む
okazaki okazaki
2012.10.18 (木) Category:マーケティング
こんにちは。 岡崎です。 先日、博報堂生活総合研究所の生活定点データが、 過去20年分無償公開されました。 生活定点 | 生活総研 ONLINE http://seikatsusoken.jp/teiten/ 生活定点やマーケ云々については、 多くのプロの方が見解を述べられていますので、 ここでは割愛いします。 この生活者の観測データをみていて あらためて思うの...
▼この記事を読む
こんにちは、ADの下村です。 少し前の話になるのですが、9月の連休に松屋銀座で開催されていた 『ベルサイユのばら展』を観に行きました。 ここにきてなぜベルばら展?かというと、 ベルばら連載開始から記念すべき40周年、だということです。 そんなに昔の作品になるんですね。すごいですね。 さて、『ベルサイユのばら』は少女漫画史における最も有名な作品と言えるのではないでしょうか。 ...
▼この記事を読む
枠
枠
pagetop