トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
私事ですが、最近自転車を購入しまして。 後部に子供を乗せられるいわゆる子乗せ自転車というやつで、 小径タイヤで非電動アシストのものを見つけるのになかなか苦労したのですが まあそれは今回のテーマとはまったく関係ないので省略して、 無事購入した自転車を見ていて一つ気付いたことが、 自転車の鍵って、改めて見るとかなり小さくて 「あ、これなくすな」ということで。 小さい→なくしやすい...
▼この記事を読む
こんにちは、千葉です。 ポケモンGOが配信されてから、キャラクターもよくわからないのに、 毎日せっせと勤しんでます。 ポケストップで老若男女がスマホを握りしめて集まってる様子は 傍から見るとちょっと面白いですね。(自分もその一人だけどw) 最近やっと唯一知ってる「ピカチュウ」GETしたので、一区切りとなるでしょうか!? さて、表題の件。 無料体験後、解約し忘れたま...
▼この記事を読む
ちょっと前のことになってしまいますが 深堀隆介 回顧展「金魚養画場~鱗の向こう側~」 に行ってまいりました。 深堀隆介さんはリアルな金魚の立体作品で有名な美術家です。 透明な樹脂を固めその上にペイントするという工程を 何度も繰り返すことで作品を創りだすのだそうです。 会場は西武渋谷。 中には大勢のお客さん。 モチーフが金魚のせいか夏祭りのような熱気に包まれており あちらこ...
▼この記事を読む
ichikawa ichikawa
2016.07.20 (水) Category:文化
お久しぶりです。 ネコの抜け毛が服や顔にくっつくのと日々格闘している市川です。 今回は面白い記事を見かけたのをきっかけに世界の数字の数え方を調べてみました。   まずは日本語から 私たちが普段使用している日本語です。 簡単ですね。 [十の位]+[一の位]で表しますね。 余談ですが、数字の単位もかなりありまして 一、十、百、千、万、億、兆、京、...
▼この記事を読む
sawaguchi sawaguchi
2016.07.05 (火) Category:健康
こんにちは。澤口です。 ワタクシゴトではありますが、 4月28日に「孫的」な存在が誕生したのでご報告です。 私のことをよくご存じの方は、 さぞかし驚いていることでしょう。 まぁ、そういうことになりました(笑) 「孫的」と表現する理由は「血縁でない」ことですが、 オットの息子夫婦に生まれた命は孫同然。 早くもいそいそと ベビー服やベビー用消耗品を買っ...
▼この記事を読む
okazaki okazaki
2016.06.03 (金) Category:文化
こんにちは。岡崎です。 今回は「地元」について。 「地元」の定義は、いま住んでいる場所になります。 僕の地元は世田谷区です。 世田谷区も広いので、街によって雰囲気がまったく違います。 世帯年収の高〜いところもあれば、畑や野菜の無人販売があるところもあります。 ちなみに僕の地元の駅は小田急線の「千歳船橋(ちとせふなばし)」ですが、 知らない人からすれば、この「千歳船...
▼この記事を読む
asakawa asakawa
2016.05.26 (木) Category:アウトドア
こんにちは。最近ついに眼鏡デビューを果たした浅川です。 ちょっと時間が経ってしまいましたが みなさんは、GWはどのように過ごしましたか? 私は、富山県に「ホタルイカの身投げ」を見に行ってきました。 「ホタルイカの身投げ」というのは、 3月~5月の富山湾で、産卵のために深海から海岸近くまで上って来たり産卵を終えたホタルイカが、 波によって海岸に打ち上げられることを言います。 ...
▼この記事を読む
こんにちは。 ADの下村です。 今回は先月行った美術展の紹介をしたいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー ボストン美術館所蔵 『俺たちの国芳 わたしの国貞』展 Bunkamura ザ・ミュージアム 会期:2016 3/19〜6/5 ーーーーーーーーーーーーーーーーー http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_kun...
▼この記事を読む
桜の季節もあっという間に過ぎて、時の流れを感じる今日この頃です。 先日、まとめサイトを見ていたら、私が子供の頃に見ていた懐かしのアニメが新展開(?)を迎えていたことを知りました。 最近は昔のアニメや漫画のリメイクが多いですが、 その中でも、かつての登場人物たちが成長した姿が描かれている作品で、 私が気になった2作品を紹介します。 まずは、昨年秋から放送されて話題を呼んだ、「おそ松...
▼この記事を読む
sato sato
2016.04.12 (火) Category:その他
すみません、また更新が遅れてしまいました… 二度目ましてこんにちは。佐藤です。 今回お話させていただくのは 「最高に幸せな寝る瞬間」が体験できる、 BOOK AND BED TOKYO です。 コンセプトは「泊まれる本屋」さん。 とは言っても実際には本の購入はできません。 1日24時間という限られた時間をいっぱいに使いたい、 眠ってしまうのが惜しい、 そんな思いからついつい夜...
▼この記事を読む
枠
pagetop