トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
nagase nagase
2015.10.13 (火) Category:Design
2020年東京オリンピックのエンブレム模倣疑惑は、
佐野氏自身のエンブレム取り下げで一連の盗用・模倣問題は収束、
佐野氏も既に過去の人になった。本当だろうか。

 

このブログの主題は、パクリ疑惑を問うことが本意ではない。
しかし、パクリ疑惑を産み出した根は深い。
===================================
佐野氏は、デザイナーでありアートディレクターとして
「東京オリンピックのエンブレムは一切盗用・模倣していない」と
主張していた。その後に発覚したサントリートートバッグのデザインは
「サントリーはパクリでした」と認めている。あまりにもパクリ
レベルがストレートで「パクリを忘れてました」とは言いにくかったのだろう。

 

「スタッフがやった」とスタッフのせいにして
言い逃れる佐野氏と周辺人々のアマチュア性
================================
上司が「Webから適当にパクっといて」と指示しても、
現場のスタッフは絶対にウンとは言わないはずだ。デザイナーとして当然の
懸念を抱くのが普通だからだ。それにしても、多摩美ポスターの盗用疑惑でも、
同様のことが起きている。代表の佐野氏が「絶対に著作権侵害をするな」と言えば、
スタッフは従ったはずだ。代表自ら、スタッフ末端まで同レベルで
パクりまくっていたというのは、当然「それでいい」という暗黙の指示、
スタッフに疑問を持たせない空気感があったはず。
他人の著作権を尊重し守ること。著作権に最大限の注意を払うのは、
現場のデザイナーとして必ず守る当たり前のルールであり、マナーだ。
ちゃんとしたデザイン事務所なら、著作権への配慮をするし、スタッフへの
教育もする。プレゼン用のラフプランで、ネットで探した素材を使用しても、
決定本番では、著作処理をしたり、オリジナルを制作する。
あまりにも素人レベル過ぎないか。

 

ほとんどのデザイン現場は、今回の出来事、不祥事とは無縁だ。
最大の被害者は、未来を信じて日夜頑張っている若きデザイナーたち。
===================================
「東京オリンピックエンブレム自体もやはりパクリだった」という印象を、自ら社会に
触れ回っているも同然だ。
デザイン業界、デザイン現場の社会的評価を下げてしまった。

 

佐野氏の最大の功績は、このグロテスクな業界「村社会」を
白日の下に曝したことだ。
================================
誰でも納得、公正な審査で選ばれるのが、2020年東京オリンピックのエンブレム。
まさか政治家、役人、業界仲間内で仕組んだデキレースだったとは。

 

その佐野氏に仕事を発注した担当者も同罪か?
================================
信じがたいが、サントリーのトートバッグ担当者や多摩美ポスターの盗用疑惑では
多摩美大ポスターの担当者は、実際に指摘される多くの疑惑を見る限り、
仲介した大手広告代理店が間に入っているため、万一問題があっても
責任は問われないというぬるま湯に浸っていたとしか判断しようがない。

 

その佐野氏はぬるま湯の閉鎖的「村組織」に属していた。
================================
東京オリンピックエンブレム模倣疑惑は、国立競技場のコンペ振り出しと無責任体制が
露呈して、2020年の東京オリンピックへの期待感を大幅に損なってしまったことだ。
東京オリンピックのエンブレムに関しても電通・博報堂・選考委員会・経産省の癒着構造の中で起きた。
もし佐野氏が事前に審査員に(元)同僚がいて、しかもお兄さんが関わっていたとを知っていたならば、
本来、応募は辞退すべきでした。
盗用疑惑がなければ、こっそりみんなで「五輪利権の利益」を分かちあえるはずなのに。

 

そこで結論、頑張れ!佐野研二郎さん
===================================
「東京オリンピックエンブレム自体もやはりパクリだった」という事実関係は
判らない。しかし、「佐野研二郎ありき」の出来の悪い「出来レース」だった?
ことを自ら社会に触れ回りデザイン業界、デザイン現場の社会的評価を
下げてしまった。ほとんどのデザイン現場は、今回の出来事、不祥事とは無縁だ。
最大の被害者は、未来を信じて日夜頑張っている若きデザイナーたち。そして
デザインが好きで一生の仕事として行きたい若者たちのために、
気持ち悪い業界「村社会」から独立してゼロスタートで、自らの才能を信じて
佐野研二郎ありきを見せつけて欲しい。

================================

 

佐野研二郎のデザイン、盗作疑惑はこちら
佐野研二郎と仲間たちはこちら
ツボ度
枠
pagetop