トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
mase mase
2018.09.09 (日) Category:Design
両親が金婚式を迎え、パーティーのインビテーションカード制作することになりました。 「お祝いだもの。水引をデザインに取り入れよう!」と思い立ち アマゾンで検索したところ、金・銀・赤・白だけでなく色とりどりの水引が売られていてビックリ。 金婚式だけに、金色一択でもよかったのですが 好奇心でカラーの水引セットも購入することにしました。   到着したのがこちら...
▼この記事を読む
しばらくぶりです。浅川です。 以前、長崎に旅行に行った時 波佐見焼という陶磁器の産地に立ち寄りました。 そこで出会ったモダンなテイストの食器に魅せられ、 「あれもこれも買いたい!!」という欲望が膨れ上がり 旅の途中でかさばるとは思いつつも、 お茶碗と小皿を購入してしまいました。 長崎・佐賀あたりは、波佐見焼だけではなく 伊万里・唐津・有田と陶器の名産地が多いですよね。 せ...
▼この記事を読む
sato sato
2018.01.08 (月) Category:Design
あけましておめでとうございます! お久しぶりで申し訳ありません。こんにちは。佐藤です。 早いもので2018年がスタートしてからもう1週間経ってしまいました。。 もっと時間を上手に使っていきたいなと切実に想う今日このごろです… さて! 今回は2016年品川区にオープンした 建築倉庫ミュージアムに行って来ましたので そのことを少しお話させてください。 『建築模型を展示しながら保...
▼この記事を読む
chiba chiba
2017.11.06 (月) Category:Design
仕事中にハリネズミがデスクでウロウロしていたら和むだろうなぁと思いをはせつつ。 最近気になったフォント関連のネタのご紹介です。 職業柄かもしれませんが、フォントについてふつうに話題にあがることも多く、 最近だとTV番組「マツコの知らない世界」で「フォントの世界」特集で 紹介されていた“絶対フォント感”の持ち主の方が紹介されていて、すごい人!と思ったのが記憶に新しいです。 ...
▼この記事を読む
iwasawa iwasawa
2015.11.16 (月) Category:Design
デザイナー、あるいはデザイン会社が 果たすべき役割とはなんであろうか。 たとえばカタログ、 たとえばポスター、 たとえばロゴマーク。 最終的なアウトプットととして 目に見えるモノを納品することは、 確かに日々我々のしている主な業務ではある。 しかしデザイナーは、モノを完成させること、 それ自体を制作の目的にしてはいけない。 顧客や消費者が本当に欲しいものは カタログや...
▼この記事を読む
nagase nagase
2015.10.13 (火) Category:Design
2020年東京オリンピックのエンブレム模倣疑惑は、 佐野氏自身のエンブレム取り下げで一連の盗用・模倣問題は収束、 佐野氏も既に過去の人になった。本当だろうか。   このブログの主題は、パクリ疑惑を問うことが本意ではない。 しかし、パクリ疑惑を産み出した根は深い。 =================================== 佐野氏は、デザイナーでありア...
▼この記事を読む
販促デザインの役割において、 コピーの重要性は写真などのビジュアルと同等か、 時にそれ以上になります。 「言葉と絵」はコミュニケーションの最も根本的な要素ですから、 これは当たり前のことではあるのですが、とりわけ 商材のシズルを分かりやすく魅力的に訴求する キャッチコピーやキャッチフレーズは露出も注目も多いもので、 広告・販促の世界に限ってみても、 数々の“名コピー”と呼ばれる...
▼この記事を読む
chiba chiba
2015.06.22 (月) Category:Design
久しぶりに同僚のお友達と21_21 DESIGN SIGHTの展示 「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」を観にいってきました。 企画展「単位展 — あれくらい それくらい どれくらい?」 おもしろい視点、色々な切り口で「単位」を体験することができる 楽しい展示でした!お勧めです~是非! と言いたいところですが、5月31日(日)が最終日ということで、...
▼この記事を読む
こんにちは、 夏が近づき、憂鬱な市川です。 タイトルは思いつかなかったのでいくつかの有名なキャッチフレーズをパクリました。   そんなことは置いておいて、 今年も父の日が近づいておりますね。 私の父の趣味がマラソンということで 今年はカスタマイズシューズをプレゼントしようと計画しておりまして 今回はカスタマイズシューズの話をしようと思います...
▼この記事を読む
50~60年代、日本の広告業界、とりわけ広告表現に大きな影響力をあたえたアーチスト、二人についてお話しする。 ベルギーの画家「シュールレアリズム」のルネ・マグリットMagritte(1898〜1967年)とグラフィックと映像で時代をリードしたソウル・バス(1920〜1996年)。広告デザインや映像の世界に及ぼした影響力は計り知れない。 ベルギーの画家「ルネ・マグリット」の回顧展が東京六本木...
▼この記事を読む
枠
枠
pagetop