トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト

桜の季節もあっという間に過ぎて、時の流れを感じる今日この頃です。
先日、まとめサイトを見ていたら、私が子供の頃に見ていた懐かしのアニメが新展開(?)を迎えていたことを知りました。

最近は昔のアニメや漫画のリメイクが多いですが、
その中でも、かつての登場人物たちが成長した姿が描かれている作品で、
私が気になった2作品を紹介します。

まずは、昨年秋から放送されて話題を呼んだ、「おそ松さん」。
原作は赤塚不二夫の「おそ松くん」で、作者の生誕80周年を記念して放送された作品です。
最近最終回を迎えたばかりなので、今は“おそ松ロス”に苦しむファンがいるほどの人気ぶりなのだとか…
「おそ松さん」は、かつての六つ子が20代前半に成長した姿を描いた日常系ギャグアニメ?で、
作中に他作品のパロディが多く、放送開始からかなりぶっ飛んだ内容で1話は制作者側の判断でお蔵入りになったほど。
とにもかくにも見てみないとな、と思うのですがブログを書くにあたって時間がなかったのでさわりだけ見てみましたが、
いやまあ、女性ファン、つくよね…安心して妄想できるよね…
絵柄がポップでシンプルにかわいいので、とにかく作画が安心してみれるのと、声優が豪華なのと、キャラが一人一人魅力的?に描かれているのと…と、とにかくきちんと作られたアニメだな感じる作品なので、大ヒットしたのもうなずけるなーと言ったかんじです。
女性ファンの多さに引いていた方も、1度見てみると結構面白いかもしれないですよ!
全25話(1話お蔵入りですが)ありますが、とにかく展開がスピーディーで(たまについていけない)、わかりやすいので、忙しい人にもうってつけの作品かもしれませんね!

そしてもう一つは、冒頭に私が見ていた懐かしのアニメです。
皆さんもご存知かと思いますが、NHKで放送されている「おじゃる丸」です。
ストーリーは、ヘイアンチョウ時代の妖精界からきたやんごとなきお子様・おじゃる丸が、ひょんなことから手にしたエンマ大王の尺を持ったまま
現代日本の月光町にやってきて、いろんな騒動が起きるというもの。
子供の頃は、おじゃる丸のわがままっぷりに腹を立てつつ、おじゃる丸を居候させてあげている小学生のカズマ君の寛容さに癒されていた覚えがあります笑
カズマ君は小学生にして石集めが趣味という渋さも良かったのかも…
とにもかくにもゆるーい脱力系アニメでお茶の間に親しまれて来た「おじゃる丸」ですが、
今年の春から新たに始まった第19シリーズの1話で、急展開があったとか!
なんと、やんごとなきお子様だったおじゃる丸が、17歳の姿となって月光町に現れたというもの。
でも周りの登場人物は以前の設定のままなので、タイムスリップということなのですかね…
17歳おじゃる丸は、さすが平安貴族というべきかかなりの美少年に成長!(しかし語尾はおじゃる。)
しかし成長したのはおじゃる丸だけじゃなかったのです!
おじゃる丸に登場していた、小鬼トリオ・赤鬼のアカネ、黄鬼のキスケ、青鬼のアオベエまでが17歳に成長&変身をとげていたのですー!
かなり動物に近いような鬼の姿だったのに、擬人化というのか、かなりの骨格整形が行われたもようです…

ここから新展開か?と思っていたのですが、2話からは普通のおじゃる丸に戻っていたので、
この話だけの成長姿みたいですが、これまで何事もなく進んできたおじゃる丸界にとっては大事件でした。
調べてみると、制作サイドからは、この新シリーズでは新しいことを仕掛けていきたいのだとか。
エンディングも相当雰囲気が変わっていて、おじゃる丸の今後に期待です。

他にもいろんな作品がリメイクされたり新展開を迎えたりしているので、
賛否両論あるとは思いますが、皆様もチェックしてみてくださいね!

ツボ度
枠
pagetop