トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
sawaguchi sawaguchi
2012.04.16 (月) Category:LIFE

こんにちは。澤口です。

クルマの話しです。

私は毎週末、プライベートでクルマを利用します。
往復110kmの通い慣れた道です。
クルマが好きなので運転は苦になりません。

しかしここのところ、
車内で過ごす時間に物足りなさを強く感じます。

理由は「アナログ放送終了」です。

なので、
いま一番欲しいクルマの部品は『カーナビ』です。
いや正しくは
『地デジフルセグ対応・最新カーナビ』です。

価格が高いため、財布との折り合いがつかず、
なかなか入手できないまま
2003年のふる~いカーナビを仕方なく使っていますが、
昨年7月からはアナログ放送が終了したため
テレビ無し移動に甘んじています。

そしてメーカーが地図データ・アップデートサポートを
打ち切ったため、
地図画面上では、道無き道や海上までも走り抜けます。
つまり開通した道路や新しい施設の情報が
アップデートされていないため、
本来のナビ機能すら怪しいものがあります。
地図データにない道路で案内はしてくれませんから。

そんなクルマを利用しない人にとっては
日々の生活にまったく無用のカーナビですが、
クルマユーザーには無くてはならないパーツです。

全国の地図データベースにGPSで受信した自車位置を重ね、
目的地到着まで画面と音声で道案内をしてくれる。
文字で表現すると実にシンプルなようですが、
これは大変高度な技術です。

その地図を画面に表示する技術はさらに進化し
フロントガラスに取り付けたカメラ映像をモニターに映し、
リアルな映像上に誘導用の矢印などを表示するシステムも
商品化されています。

さすがパイオニアです↓

pioneer サイバーナビ
http://pioneer.jp/carrozzeria/cybernavi/

でも私のお小遣いでは買えません(T。T)

このカーナビ業界にスマホが参入し、
今後のカーナビマーケットに影響が少なくない
というのが次の話題です。

地図データベースアプリ+GPS+タッチパネル+音声認識は
いまやスマホでも便利な機能として
皆さんもご活用のことと思います。

消費電力(電池の持ち)の問題が解決されれば、
長距離ドライブでも既にスマホで十分なのかもしれません。

ちなみに新幹線乗車中、
グーグルマップ上にGPSを受信した現在地を表示させ、
「うわぁ、あっという間に小田原~」とか
現在地が移動する様を楽しんでいたら、
それこそあっという間に電池を使い切りました・・。

早く、電池を消耗しない通信アプリが
開発されないでしょうか。

ちょっと話しがそれました。

車載用カーナビの魅力は
TVを始めDVDやCD再生と
その音質にこだわることができる点を無視できません。

また運転中に確認する画面サイズとしては
スマホでは小さすぎる(危ない)と感じます。
ほとんど「チラ見」に次ぐ「チラ見」ですからね。

そう考えると、「クルマ」の使い方により、
カーナビの選択は大きく異なってくるのだと思います。

今後は新車販売台数も確実に減り
(かく言う私も新車にする気、まるでなし^^;)
クルマの部品としての位置づけは
ますます厳しいものになるでしょう。
いまや「純正品」が当たり前で「後付け」を考える人も
少なくなってきていますよね、きっと。

あ~この際、車ごと買い換えて、
オプションで一番高いナビをチョイスしたいです。

明日、うちのビルの一階へお邪魔して
ちょっくら見繕ってもらおうかしら♡

なんてことを考えていましたら、
昨日、常磐自動車道を走行中に
33㎞オーバーで覆面に捕まえられてしまいました(; 😉

罰金25,000円也。

新しいナビがさらに遠く霞む存在です・・。

「春の交通安全」期間中だそうです。
皆さんもお気をつけくださいませ。

あ~あ(×_×)

ツボ度
枠
pagetop