トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト

こんにちは、ADの下村です。

 

私事ですが、この4月は誕生月でして、

誕生月になると、かならず

「お誕生日おめでとうございます!●月生まれのあなたのために…」

といった誕生日の特典サービスを知らせるメールや

クーポンなどのDMが届きますよね。

 

自分にとってありがたい特典だったり、なかったりで

これまで、一方的に与えられた特典に対して、

その時々で利用したことはありますが、

ふと、誕生月にちょっと得をすること、

自分から探すことが無かったなぁと思い、

ちょうどブログの順番もまわってきたので調べてみると。。

 

http://matome.naver.jp/odai/2130326190985356401

http://matome.naver.jp/odai/2134647753925629701

 

こんなふうにまとめてくれているサイトが幾つかありました。

ただ、情報がダブっているものも多く、

こんなもん?思ったほど無いな~という印象。

 

ただ、飲食店は「ぐるなび」や「ホットペッパー」といったポータルサイトで

バースデー特典のあるお店が検索できたりと、

各々独自のサービスを設定しているお店は多いですね。

 

そういえば、かつて我が家でも子どもたちの誕生日には

少しお高いステーキハウスへ行くのが定番になっており、

そこでは誕生月にデザートプレートとスタッフによるバースデーソング、

ポラロイド撮影のサービスがありました。

家族みんながそこのお肉とサラダバーが大好きだったので、

毎年通い、各々の誕生月にはこれらのバースデー特典を甘んじて受けていたのですが、

子どもたちも歳を重ね、私はともかく、さすがに弟も思春期になると、

家族の前で見知らぬバイトスタッフさんに取り囲まれ

お祝いをしてもらうことに恥ずかしさを覚え始めるように。

居心地の悪さこの上ない、といったていで、

そのうち自然とそのお店を利用しなくなってしまいました…

 

他の業種にしても、若者や子ども、女性に向けたサービスが多い気がします。

反面、大人の男性・シニア向けは少ないな~

(風俗店には「指名料タダ」などのバースデー特典があるみたいですが…)

シニアは誕生日でなくとも優遇されるのが一般的ですし、

男性には既述の弟のように、お祝いされることへの照れがあるからでしょうか?

 

その点をセガナの男性スタッフに聞いてみると、

「かたくなに割引券等を利用しない」、「タダで配っている物に飛びつかない」、といった

女性にとっては不可解な行動理念(プライド?)をもっているようでした。

 

ところでかつてはJAL・ANAでも航空券のバースディ割引があったようで、

男性・女性に関わらず、恥ずかしさを伴わない、実利的な割引サービスだったはずですが、

現在はどちらも廃止になっているとのこと。

その背景には早割など他の割引が充実した背景もあるようです。

 

現在では、「学割、女性割、シニア割」など、

日常的に受けられるサービスが広く一般的になり、

誕生月限定のバースデー特典にお得感を見いだしづらくなってきていることも

サービスの少なさを感じる原因のひとつではないでしょうか。

 

しかし女性はお得が大好きですし、喜びを素直に享受する性質ですから、

女性向けのポータルサイト「オズモール」では

しっかりこんなページが設けられていました。

 

http://www.ozmall.co.jp/birthday/vol02/p05.asp

http://www.ozmall.co.jp/special/2009073000t/

 

誕生日のお祝いムードにかこつけた販促・集客施策の一環ではありますが、

年に1度の自分の誕生月に、ピンポイントで散財してみるのもいいかもしれませんね。

 

と、誕生月最終日にぼんやりと思うのでした。

ツボ度
枠
pagetop