トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
sato sato
2016.04.12 (火) Category:その他

すみません、また更新が遅れてしまいました…
二度目ましてこんにちは。佐藤です。
今回お話させていただくのは
「最高に幸せな寝る瞬間」が体験できる、
BOOK AND BED TOKYO です。

コンセプトは「泊まれる本屋」さん。
とは言っても実際には本の購入はできません。
1日24時間という限られた時間をいっぱいに使いたい、
眠ってしまうのが惜しい、
そんな思いからついつい夜更かしをしてしまいがちです。
携帯電話をいじってみたり、ただただぼーとしてみたり、
漫画や本を読んでみたり…
寝る前の行動は人それぞれだと思います。
「好きなことをしていたら、つい眠ってしまった」
そんな体験を用意してくれる場所がこのBOOK AND BED TOKYOです。

池袋駅西口から歩いてすぐのビルの7階にあるこのホテルは、
エレベーターから降りた瞬間に別世界が広がっています。
中に入るためのナンバーを受け取り、いざチェックイン。

DSC09116 57c7a936

微かな音楽と木の香り、本屋併設のカフェに似ていますが
もっとゆったりとした時間が流れていました。
壁一面の本棚にところどころあいた穴は泊まれるスペースになっています。
その他にも「STANDARD」と「COMPACT」という
本棚以外の泊まる所もあります。私はそちらに泊まりました。
水回りは共同ですがとても綺麗で、
タオルやシャンプーリンス等は借りることができます。
オーブントースター、ポット、150円で頂ける珈琲もあります。
ビルの近くには深夜1時〜2時まで(!)営業しているパン屋さんもあります。

低価格で泊まれるため外国人の方が多く利用されるそうです。
泊まるのに抵抗がある、少し雰囲気を楽しみたい方には
13時〜17時の「デイタイム」がおすすめです。
詳しくはこちらまで
http://bookandbedtokyo.com/

本が好きな方もそうでない方も
是非一度「最高に幸せな寝る瞬間」を体験してみてはいかがでしょうか
それでは。

ツボ度
枠
pagetop