トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト

こんにちは、下村です。
今回は先日利用したカプセルホテルのご紹介です。

有給休暇を利用して都内のおもしろいホテルに宿泊したいなぁ、と探していたところ、
今年2月にオープンしたての『MANGA ART HOTEL, TOKYO』という、
すてきなコンセプトのホテルを発見。

https://mangaarthotel.com

5000冊以上のマンガが読み放題の、“眠れないホテル”、とのこと。
そのコンセプトと、イマドキっぽいおしゃれな内装にワクワクし、即決予約してしまいました。
※予約はBooking.comからのみ

場所は小川町交差点近く。
このおしゃれな外観のビル、神田テラスの4F/5Fにマンガアートホテルが。

チェックインを済ませてカードキーをもらい、さっそく中へ…


おお~、壮観!マンガがいっぱい!
本棚とベッドユニットが一体になっていて、
巣箱を組み立てたようなかわいい空間なのが、漫画喫茶とは違うところ。
マンガを棚から選び、自分の巣穴へと戻っていく感じがよいです。


4Fの女性フロアと5Fの男性フロアはほぼ同じ作りになっており、
それぞれ蔵書が違っています。
19時までは男女それぞれ出入り自由なので、男性フロアにあったマンガもキープできました。
本棚のマンガには1作品ごとにおすすめコメントが添えられていて、
こちらを頼りに読みたい作品をチョイスできます。
ちょっとマニアックな作品が多いのも、知名度に拘らず、
ストーリーの面白さや作画の美しさなどの観点から選書しているから、とのこと。



英語版もけっこうあり、この日も外国人は男性・女性とも数人宿泊していました。

女性フロアには小さなバルコニーもあって、日中はここでマンガを読んで過ごしました。


トイレ・シャワーブース・洗面台もシンプルで清潔感がありました。
マンガのコマをイメージしたというアイコンがかわいいです。
共用ですが、それぞれ数点備え付けられているので不自由なく使用できました。


また、ベッドへは基本的にペットボトルの持ち込みのみOK、
かといって飲食スペースがないため、食事は外でとることになりますが、
この辺りは飲食店もたくさんあるのでまったく不自由はなかったです。

ちなみに宿泊の目的がマンガを読むことなので、
チェックインの15:00からチェックアウトの翌11:00まで、
夕食と朝食を食べに出かけた以外はずっとおこもりでマンガを読んで過ごしました。

【今回の滞在で読んだマンガ】
・長閑の庭 アキヤマ香 全7巻
・あなたのことはそれほど いくえみ綾 全6巻
・アル中ワンダーランド まんしゅうきつこ 全1巻
・前略、前進の君 鳥飼茜 全1巻

ゴロゴロしながらひたすら眠くなるまでマンガを読み漁る、、、
そんなうしろめたくもすてきな休日を過ごしました…!

ツボ度
枠
pagetop