トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
okazaki okazaki
2012.10.18 (木) Category:マーケティング

こんにちは。
岡崎です。

先日、博報堂生活総合研究所の生活定点データが、
過去20年分無償公開されました。

生活定点 | 生活総研 ONLINE
http://seikatsusoken.jp/teiten/

生活定点やマーケ云々については、
多くのプロの方が見解を述べられていますので、
ここでは割愛いします。

この生活者の観測データをみていて
あらためて思うのが、
デザイナーは作り手であり受け手だな
ということです。

仕事の時は作り手ですが、
仕事から離れれば受け手になります。

たとえば、店頭販促ツールを考えているデザイナーは、
一生活者として買い物をしたときに、
目に飛び込んできた販促ツールを覚えているでしょうか。
店頭リサーチなどというデザイナー目線でなくです。

僕は、あまり販促ツールを見ていない生活者であることが
判明しました。(かなり前の話ですが)

作り手としては見ていましたが、
受け手としてはあまり見ていなかったということです。

ということは、販促ツールをあまり見ない人に、
少しでも見てもらうにはどうすればいいのか、のヒントを
僕は少し持っているということになります。

こういった自分の行動をあらためて知ることは
とても大切で必要なことだと思いました。

作り手と受け手を行ったり来たり。
デザイナーはこれを辞めてはいけませんね。

ツボ度
枠
pagetop