トップ スタッフ紹介 お問い合わせ コーポレートサイト
スタッフ一覧へ
間瀬 敦子
Webデザイナー
グラフィックデザイナーを経てセガナよりWebデザイナーに転身いたしました。
生涯現役めざして精進してまいります。
わたしのツボ
毎晩ウクレレ奏でております。高木ブーさんのサイン入りです♪
おサルさん収集癖がございます。
数年前、股関節に異常をきたし一時歩行が困難になったことをきっかけに テレワークさせていただいております。       当時、使用していたのがこちら。幼稚園の時から愛用しているイスです。 お気に入りのイスなのですが長時間座っていると次第に腰がツラくなり 少しでも体の負担を軽くしようと。。。    ...
▼この記事を読む
サスティナブルな文化として昨今、海外でも金継ぎが注目されているようですね。 調べていくうちに「おうち時間」に楽しめる初心者用のキットが売られておりましたので チャレンジしたいと思います。       購入したのはこちら。 「大人のおしゃれ手帖特別編集 簡単! おうちで金継ぎ」(宝島社) 冊子と基本の金継ぎセットが一体となって...
▼この記事を読む
今年も「WAVE2020展」に行ってまいりました。 出展者はジャンルを超えて活躍するクリエイターの方々133人。   会場は昨年と同じ「アーツ千代田3331」。 廃校を利用しているせいかノスタルジックな気持ちになれるステキなアートセンターです。   コロナ対策。   ミュージアムショップも楽しみの一つです...
▼この記事を読む
先日、テレビをザッピングしていたところ 目がクギ付けになった番組がございました。   それは 勝新太郎さん主演の「新・座頭市Ⅰ」です 。   調べたところ1976年〜1977年の間フジテレビ系で放映されていたテレビドラマシリーズ。 毎回、豪華なゲスト俳優さんを迎えてお話が展開する一話完結スタイルです。 それを今、CSで再放送しているのですが 毎...
▼この記事を読む
2020.02.29 (土) Category:CINEMA
学生時代、通学ルートということもあり、よく新宿で遊んでいたものですが 毎回遭遇していたのがこのお方。   虎のお面にド派手なファッション。   いったい何者なのだろう? うら若き乙女だったわたくしは話しかける勇気もなく、それは謎のまま年月は流れていきました。   その正体を解明してくれたのが ドキュメンタリー映画「新宿...
▼この記事を読む
先日、「WAVE2019展」に行ってまいりました。 開催期間は終わってしまったのですが あまりに楽しくワクワクするイベントだったのでレポートさせていただきます。   「WAVE2019展」とはイラストレーター、アートディレクター、アーチスト、漫画家などなど ジャンルを超えた総勢157名の方々の作品を一気に拝むことができるという贅沢な展覧会なのです。   ...
▼この記事を読む
お姑さまとデート企画第2弾。 昨年の「世界らん展 日本大賞2018」に続き 今回は「東京国際キルトフェスティバル ―布と針と糸の祭典―」にいって参りました。 開催場所は同じく東京ドームです。 特別企画「印象派に恋して」ではキルト作家さんたちが モネ、ゴーギャン、ルノワール、ゴッホの世界をキルトで表現するとのこと。 入場するとすぐキャシー中島さんのゴーギャンの世界が広がり...
▼この記事を読む
2018.09.09 (日) Category:Design
両親が金婚式を迎え、パーティーのインビテーションカード制作することになりました。 「お祝いだもの。水引をデザインに取り入れよう!」と思い立ち アマゾンで検索したところ、金・銀・赤・白だけでなく色とりどりの水引が売られていてビックリ。 金婚式だけに、金色一択でもよかったのですが 好奇心でカラーの水引セットも購入することにしました。   到着したのがこちら...
▼この記事を読む
けっこう前の話で恐縮ですが今年の2月17日 お姑さま(以降:お母さま)と初デートで「世界らん展 日本大賞2018」にいって参りました。 お母さまが毎年、楽しみにされているイベントとのこと。 開催場所は東京ドームです。 中は大盛況。客層は比較的年配の方が多い印象です。 トイレ脇で尿漏れパッドをサンプリングしていたのもうなずけます。 わたくしもいただきましたが。。。 ...
▼この記事を読む
わたくし頸椎を煩っているせいもあるのですが このところ特に枕が体に合ってないようで首が痛くて安眠できない と、悩んでいたところ友人が 「オーダーメイド枕ってものがあるらしいよ」と教えてくれました。 さっそく検索してみましたら何件かヒットいたしまして その中で今回わたくしが行ってまいりましたのは「ピロースタンド目黒店」 理由は老舗東京西川が手がけているから安心感がある、お家から近いと...
▼この記事を読む
2017.07.02 (日) Category:Book
ふと、思い立ち「徒然草」を読んでみることにしました。 といっても、原文はハードルが高かったので買ったのは現代語版です。 「ビギナーズ・クラスックス 日本の古典 徒然草」(角川文庫)。 原文総ルビ+通釈+寸評という構成で そうとう取っ付きやすい構成なのですが 抜粋編でしたので 全段掲載されていると思われる 「現代語訳 徒然草」(河出書房新社)も併せて購入いたしました。 その中で、...
▼この記事を読む
みなさんご存知でしょうか。 ただいま渋谷ヒカリエで開催中の「ネコフェス」 「ねこのおうちシールラリー」キャンペーン。 SNSを利用しているのですが その内容が ねこのおうちカードを手に入れる ↓ 参加店舗を巡ってねこシールを集める ↓ カードに集めたねこシールを貼る ↓ SNSに「#ペコneko館」をつけて投稿 ↓ 特設カウンターにで投稿済みのSN...
▼この記事を読む
「お、ねだん以上。ニトリ」 テレビやネットで「都市型」「おしゃれ」などと話題の ニトリ中目黒店にいってまいりました。 わたくし、ニトリに行くのは生まれてはじめて。 「BALS TOKYO」の跡地ということもあり 「どれだけおしゃれなことになってるのかしら?」と興味津々です。 外観はブラウンベースに白いロゴタイプ。 ワクワクしながら入店。 店内は、「BALS 」的「お...
▼この記事を読む
ちょっと前のことになってしまいますが 深堀隆介 回顧展「金魚養画場~鱗の向こう側~」 に行ってまいりました。 深堀隆介さんはリアルな金魚の立体作品で有名な美術家です。 透明な樹脂を固めその上にペイントするという工程を 何度も繰り返すことで作品を創りだすのだそうです。 会場は西武渋谷。 中には大勢のお客さん。 モチーフが金魚のせいか夏祭りのような熱気に包まれており あちらこ...
▼この記事を読む
2016.03.01 (火) Category:LIFE
私事で恐縮ですが昨年入籍いたしまして それにともない銀行の氏名変更の手続きをしたところ なんと合計3.5回も銀行参りする羽目になるという 自分の想像以上に大変でしたのでお話しようと思います。 銀行参り0.5回目 昨年、仕事納めの翌日、 最寄りの銀行へ行きましたところ 案内係の方に、認印が必要ということを教えていただき 走って取りに帰るという、、、ボンミス。 銀行参り1.5回目 ...
▼この記事を読む
2015.10.17 (土) Category:LIFE
先日、引っ越しをしました。 昨今「相見積もりをとるとお得になるらしい」ということで せっかくなので試してみることにしました。 「引っ越し見積もりサイト」にチャレンジしたところ あまりに沢山の業者の数に何を基準に選べば良いのか頭が混乱。 結局、有名どころの2社に電話をして 同日、時間をずらしてお家に来て見積もっていただくことにしました。 先手はA社さん。のはずだったのですが...
▼この記事を読む
2015.05.24 (日) Category:マイブーム
前回に続き石鹸ネタです。 今回は、実際に石鹸をつくってみました。 “石鹸は、苛性ソーダ(アルカリ)とオイル(ほぼ中性)を混ぜて 「けん化」という化学反応を起こしてつくられる” とのことなのですが、この「苛性ソーダ」、劇薬に指定されており 肌に触れると火傷をしたときのように腫れてしまったり 1滴でも目にはいると失明のおそれがあるとのこと。 なんと恐ろしい。。。 でも、そこ...
▼この記事を読む
2015.01.12 (月) Category:LIFE
先日、仕事の関係で石鹸のサンプルをいただきました。 白くて丸いお餅のような素朴で愛らし形状。手練りでつくられた石鹸とのこと。 洗顔用として試してみたところ、とても気分がよいのです。 泡立ちや泡切れがよいということとは別に 洗うたびに体に良いことをしているような気持ちになると申しましょうか。 なんだか皮膚が細胞単位で喜んでいるような気がするのです。 と、いうことで今回は石鹸についてち...
▼この記事を読む
2014.09.07 (日) Category:マイブーム
”スパム (spam) とは受信者の意向を無視して、無差別かつ大量に一括して送信される、電子メールを主としたメッセージのことである。 インターネット上での電子メール利用者の元に届く、事前に許可していない広告メールをスパムという 引用:ウィキペディア スパムメール。何の対策もしていない私。 「某アイドルからの悩み事相談」「有閑マダムから援助のお誘い」「金融機関からの大金の振込通知」...
▼この記事を読む
2014.06.09 (月) Category:LIFE
夏のような日々から一転。関東甲信も梅雨入りしましたね。 今年の梅雨入りはエルニーニョ現象の影響で遅い傾向にあると予想されていましたが平年より幾分早いそうです。 というわけで、今回は梅雨にまつわるあれこれを書こうと思います。   梅雨の語源 もともと中国から日本に入ってきた言葉が由来しているとのこと。 語源には3つの説があるようです。 1.この時期は梅の実が熟す頃であ...
▼この記事を読む
枠
pagetop